夫婦間のトラブルは弁護士に相談《離婚問題をすぐに解決》

夫婦間のトラブルは弁護士に相談《離婚問題をすぐに解決》

ジャッジガベル

離婚問題を相談するケース

離婚問題を早く解決したい場合には、弁護士に相談しようかと悩むかもしれません。しかし、離婚調停のほとんどは話し合いで解消できます。そのため、離婚問題で弁護士を仲介させる事例はあまり多くありません。ですが、離婚問題を弁護士に相談するべきケースがいくつかあります。それは、「子供を連れ去った場合」「離婚問題で裁判を行なう場合」「配偶者からしつこく連絡がある場合」「パートナーに問題があるのに離婚を認めない場合」です。もしこれらに心当たりがあるなら、一度弁護士に相談してみるのがいいでしょう。

弁護士事務所の探し方

離婚問題に強い弁護士を探す場合には、インターネットを利用するのが効率的なのでお勧めです。近年では、離婚問題を専門的に対応してくれる弁護士事務所が多く開設されています。また、解決事例を掲載してるところや専門のカウンセラーと一緒に話を聞いてくれる所など、多種多様のサービスを提供してくれる事務所があります。自分が利用してみたいところがあったら一度電話やメールで問い合わせをしてみるのが最適ですよ。

離婚でよくある相談ランキング!

no.1

慰謝料請求

離婚とは、元々生涯を誓いあったパートナーが離れるわけです。そのため、夫婦のどちらかは心か身体に傷を負っていることがほとんどです。だからこそ、離婚調停において慰謝料請求の問題が絶えず浮上します。また、離婚に至るまでの経緯や双方の収入など沢山の問題が絡んできます。そのため、自分達では買解決できないと考えたほとんどの夫婦が弁護士に相談に訪れるのです。

no.2

財産分与

財産分与はお互いの主張が激しくぶつかるため、昔から離婚問題の中でも相談数が多いトラブルです。夫婦で所有していた財産は、家や家具だけでなく婚姻中に得た収入や貯蓄も含まれています。私情が出てくるために、中々二人でトラブルが解決できません。また、最近では「婚姻費用」の請求に関する相談が多いようです。婚姻費用とは結婚中、別居したときに出ていったお金のことです。それを請求する場合お互いの収入が大きく関わってくるため、自分達ではどうしようもないのです。

no.3

親権・養育費

結婚生活が長い夫婦の場合の離婚では、子供がいることが多いです。そのため、子供の親権で揉めるケースが少なからずあります。自分で物事が判断できる歳の子供の場合には、子供の意思が尊重されるので問題がスムーズに解決します。しかし、まだ子供が幼い場合には夫婦個人の収入や離婚後の生活環境など沢山の問題が絡んできます。そのため、親権を獲得したい親御さんが多く相談に訪れています。