相続の対策は早いうちから始めておくのがオススメ!

相続の対策は早いうちから始めておくのがオススメ!

相談

遺産分割のための対策

遺産とは、故人が残した財産のことです。これを残された親族で分ける行為を遺産分割と言います。この遺産分割はトラブルがとてもおきやすいです。それを未然に防ぐためには、生前に遺言を書いておく必要があります。遺言を書いておけば、法的な権利に関係なく財産が分配できるので、トラブルをすぐに解決できますよ。遺言書にはいくつかの種類があるので、一度弁護士に相談してるのが最適です。

相続税を少なくするための対策

相続税を少しでも減らしてあげたいと考えているなら、財産の贈与をするのが最適です。一年間で110万円までなら人に渡しても税金がかかりません。また、配偶者に対する贈与税が免除できる特例制度があります。それを利用すると最大2110万円までは贈与税がかからないですよ。特例制度の手続きはとても複雑なので弁護士に相談してみましょう。

納税する金額を減らす対策

マンションなどの賃貸物件は収入を生み出す財産です。それを子供に贈与しておくことで、後々溜まっていく財産に掛かる税金を抑えることができます。また、生命保険に加入しておきその受取人を財産の相続者にしておくことが最適です。それをしておくことで、死亡したときに相続者の元に渡る保険金を納税資金として使うことができます。

万が一のときの対策

小岩に限らず全国で事故死や病気で亡くなってしまう方が毎日のようにいます。そのため、万が一の事態を想定して事前に相続対策をしておくことが大切なんですよ。そうしておくことで、遺族が遺産分配で揉めるような事態にを回避できますよ。また、法律に関わってくる大事なことなので、なにか分からないことがあったらすぐに専門家に相談してみるのが好ましいです。