弁護士に相談する前に基礎知識をcheck!

ジャッジガベル

夫婦間のトラブルは弁護士に相談《離婚問題をすぐに解決》

結婚をしても、何かしらのトラブルが原因で離婚してしまう場合があります。離婚の話し合いというと、弁護士が介入するイメージが根強くある人が多いかと思いますが、そんなことはありません。離婚の相談を弁護士にする前に、一度相談するべきケースを調べておきましょう。

READ MORE
書類を持つ人

とても大事な相続税の申告≪超過金を取られる場合アリ!≫

大切な人が亡くなった場合には、10ヶ月以内に相続税の申告を行わなければなりません。ですが、手続きが複雑で何から手を付ければいいのかわからない人が多くいることでしょう。そのときになって慌てないように、事前に課税の対象物を知っておきましょう。

READ MORE
相談

相続の対策は早いうちから始めておくのがオススメ!

近年では、不動産投資など副収入が得られる事業を利用してる人が多くいます。もし、故人が投資などを行なっていたのなら、相続税が膨れ上がる可能性が高くなります。自分が亡くなってしまう場合を視野に入れて事前に税金対策をはじめませんか?

READ MORE

弁護士に相談することを徹底解剖

no.1

相続に関する問題

遺書の作成方法や遺産分割の割合のことを相談に訪れる人が多いようです。親に借金があった場合の対処方法で困っている人が駆け込んで来るケースが少なくないのが現状です。ほかにも相続関係のトラブルは多くあるようで、相談者がダントツで多いです。相模原や横浜、小岩のような首都圏に住んでいる人の多くは、遺産分与にあまり時間を掛けられないからと相談に訪れるようですよ。

no.2

過払い金の相談

柏原のような人が多く住んでいる地域では、過払い金の相談件数がとても多いです。最近では、過払い金の請求や債務整理の相談を専門的に行なっている弁護士事務所が多く登場して、CMを見かけることが多くなりました。その影響か、心当たりがある人が多く相談に来るようになり需要が一気に高まりました。

no.3

離婚

離婚をするとなると多くの問題が出てきます。金銭的なものや子供の親権など解決していかないといけない問題が山のようにあります。そのため、多くの夫婦がさまざまな問題を抱えて相談に訪れるようです。また、最近では全国各地に離婚問題専門の弁護士事務所が開設されていっていますよ。

no.4

交通事故の相談

交通事故に遭った場合、保険会社から賠償金を提示されます。しかし、その金額が明らかに低いケースが多々あるようです。保険会社側と話し合いをするときに、弁護士に仲介をさせることで適正的な結果を出せると相談する人が増えてきているようです。

no.5

労働問題

一部では、給与の支払いが滞っていたり残業手当が出なかったりすぐ企業が少なからずあります。また、業務が原因でうつ病になってしまうケースが近年増えてきています。そのため、損害賠償金や未払いの給与の請求を依頼するケースがだんだんと増えてきています。

弁護士への相談をスムーズに行なうコツ

事前にトラブルの要点をまとめておく

弁護士に相談する前に、「どんなトラブルで困っているのか」や「どんな解決方法を望んでいるのか」などをまとめておく必要があります。それを怠ってしまうと、予約した時間内で話が進められないからです。また、要点をまとめておくことで、自分の今の状況を冷静に客観視できるのです。そのため、自分の抱えているトラブルが弁護士に相談しなくても良いものだと気付くケースもあります。

トラブルに関する知識を収集

交通事故など時間のゆとりがない場合にはできませんが、事前にトラブルに関する法的な知識を勉強しておくのが最適です。情報収集をきちんと行なっておくことで、弁護士からのアドバイスが理解しやすくなったり少し踏み込んだ質問ができたりします。そのため、解決に向けた動きがより早く起こせるのがメリットです。また、必要な情報を調べていく中で弁護士に相談せずに解決できる方法が見つかるような場合がありますよ。

問題解決に必要な書類を準備

トラブルを解消するためには証拠が必要になってきます。もし、どんな証拠が必要なのか分からない場合には、事前に法律事務所に問い合わせをしておくのが最適です。また、相談者の状況や書類の内容から解決に関する前向きな回答を得られる場合がありますよ。

料金の話をしっかり行なう

最近では、ほとんどの弁護士事務所で無料相談を行なっています。ですが、正式にトラブルの解消を依頼するとなると、さまざまな費用がかかってきます。また、事務所によって費用が変わってくるので無料相談の時点でしっかり話をしておきましょう。

相談中の話をメモ

法律問題は専門用語が多く、日常生活の中では聞きなれない単語が多く飛び交っています。そのため、メモを取っておくことで話の内容を忘れないようにすることがお勧めです。また、メモを取りながら話を聞くと聞き漏らしがあるのではと不安に感じるなら、ボイスレコーダーを用意しておくといいですよ。メモやボイスレコーダーでも録音を行なう場合には、事前に弁護士にその旨を伝えることを忘れてはいけません。

離婚トラブルをすぐに解決!【弁護士を選ぶコツとは?】

男性たち

結構高い葬儀費用

大切な人がなくなった場合、悲しい気持ちでいっぱいになると思います。しかし、そんな中でも親族への連絡や家族葬の準備など、沢山のことを行わなければならないのが現状です。その中で、お通夜や葬儀の費用を用意するのはとても大変なことです。そんなときには、故人の遺産を使って家族葬を行うことができます。葬儀費用を相続財産から支払うことで、支払うべき相続税の金額が少なくなるというメリットも出てきます。ですが、葬式に必要なものが全て相続税の控除対象になるわけではないので注意が必要です。また、故人の死亡診断書を提出した時点で銀行口座は凍結されているので、戸籍謄本や印鑑証明書などを準備することを忘れないようにしましょう。必要なものは銀行によって変わってくるので、事前に問い合わせておくのが最適です。また、故人の財産を使うことがわかった時点で他の相続人にも確認することが大切です。それを怠ると、後々財産分与のときのトラブルに発展する可能性が高くなってきますよ。

財産分与の対象にならない相続遺産

離婚のときのトラブルで多くあるのが、財産分与の話し合いです。実は、離婚時の財産分与には対象外になるものがいくつかあります。それは、「結婚前から個人で所有してる財産」と「個人で使っている洋服やアクセサリー類」と「夫婦が協力することなく入ってきた財産」です。
ですから、夫婦のどちらかが昔から不動産や車などを所有していた場合には、財産分与の対象から外れます。また、夫婦どちらかが得た相続財産も対象外になります。これは、夫婦の協力の元に得た財産だとみなされないからです。ですが、相続財産の証明ができるか不安なら、一度プロに相談してみましょう。

[PR]離婚の悩みは弁護士に相談!
プロが親身に対応してくれる

[PR]柏原で家族葬をしたいなら注目!
良心的な価格で葬儀を提供してくれる

[PR]相続手続きの疑問を相模原で解決☆
初回1時間は相談無料

[PR]不倫・離婚の体験談をいくつの紹介!
夫婦円満でいる方法が載ってる☆